#3REPORT

「耳を澄まして、良く見る。」

text and photo by: hidehiko yuasa

選手写真
vol.3
佐藤健介 (慶應義塾大学)
慶應大学 #4 キャプテン。
京北高校→慶應義塾大学に進学。
高校時代から、ジュニアに選ばれるなど豊富な国際試合経験を持つ。
昨年度からは大学生として、全日本代表にも選ばれている。
  • インタビュー
  • 一問一答

遂に彼の話を聞くことが出来た。
これからのバスケット界の鍵を握る男。決して過言ではない

リアル 「インカレが終わってからはどうしていたんですか?」
佐藤 「これから海外も視野に入れてるので、アメリカやヨーロッパのバスケットを見に行ってました。」
リアル 「大学最後の試合となった、インカレの日大戦が終わった後はどんな気持ちだったんですか?」
佐藤 「大学の最後の試合という意味では区切りの試合だったかも知れないんですけど、特にそういった意識はなくて、僕は毎試合全力でやってきたつもりだし、いつも通りにやろうと思ってたし、そうした方が良い試合ができると思ってましたから。それほど最後と言う意識はありませんでした。それだから負けちゃたのかも知れないんですけど(笑)」
リアル 「もともと慶応大学を選んだ理由はどういった所から?」
佐藤 「自分は高校まではバスケットをうまくなる為に生きてたようなもので、バスケットが世の中の全てだと思っていたし、それが高校三年ぐらいになってバスケットだけではなくて、違う世界も見てみたいなと思いまして。両親には今も凄く感謝してるんですけど、口うるさくバスケだけじゃダメって事と天狗にはなるなって事を、中学の時から口すっぱく言われてきました。それでバスケット以外の所を成長できる環境はどこかと探した時に慶應大学という選択肢になりました。実は大学に入る前はバスケットに関しては何も知らない状況で。親に相談したら、こんな大学もあるよって事で”慶應大学”を薦められました。」
リアル 「と言う事はバスケットを基準に選んだわけではないんですか?」
佐藤 「そうですね。」
リアル 「そんな中で、不安とかなかったですか?」
佐藤 「不思議と不安はなかったです。一生懸命なバスケをやるとは聞いてました。その部分さえしっかりしていれば良いと思ってましたから。」
佐藤健介選手写真
リアル 「今思うと、慶応大学はどうでした?」
佐藤 「とにかく。部員がバスケットが好きで、僕は日本一、みんなバスケットが好きだと思うし。高校時代まであまり表舞台に立ったことがないような選手ばかりで、いい思いをさせたいという気持ちはあったんですけど、もうちょっといい所までもってあげたらみんなの為になったと思うんですけど。。」
リアル 「そうですか。では、話はさかのぼりまして健介君がバスケットを始めたきっかけは何だったんですか?」
佐藤 「小学校まではずっとサッカーやってて、中学あがったときにJリーグとかの影響でサッカー人口が増えたじゃないですか。それで競争厳しいかなと思って(笑)。まあ、兄がやってたて言うのと、あと身長がすこしあったからですかね。結構軽い気持ちで始めました。それが間違いでした(笑)」
リアル 「中学では?」
佐藤 「中学時代と言うのは純粋にバスケットを楽しめた時期でした。と言うのは、練習すれば、その分だけ上達を感じられたので、凄く楽しくて。」
リアル 「サッカーよりは自分に合ってる感じはしたの?」
佐藤 「どうですかね。けど上手くなってる自分に気がついた時は楽しくてしょうがなかったですね。練習は凄く長くて、厳しかったんですけど、まあやめたいと思った事もなかったし、純粋に楽しめた時期でした。」
リアル 「高校では京北高校に進学したわけですが。」
佐藤 「バスケットをやるために京北高校を選んだんで、そこで自分でしょうものを作ってしまいましたから、苦しんだ3年間でした。たまにふと、このまま(バスケを)やっててもなあと思う時があったりして。バスケをやっててもいいのかなと漠然と考えたりとか、本当に上手くなってるのかなとか。不安は色々とありました。」
リアル 「初めて世界相手に試合したのは高校の時ですよね。」
佐藤 「はい。高校1年のときスペインに行ったのが最初ですかね。能代工業と一緒に行った時だと思います。間違ってたらすみません(笑)。何もできなかったですね。こんなに自分のバスケってのはちっぽけなんだと思って、ショックを受けて帰ってきました。けれど、全日本にはいったらそれで満足するわけではなく、ジュニアだから頑張らなきゃいけないという考えを学んだ時期でした。」
リアル 「今の日本のバスケットについてはどう思いますか?」
佐藤 「バスケの関係者と言われる人、選手やスタッフはやるべき事はやっていると思います。ただ危機感が足りないと言うか、更に良くなる為にはどうしたら良いかとか、向上心がないかなって事は感じます。まあ特に選手だと思うんですけど、選手がやるべきことを本当に全力でやってるかっと言ったら、どうかと思うし、そういう考えを持ってやるべきだと思います。全員が全員(そういった危機感が)ないってわけではないんですけど。」
佐藤健介選手写真
リアル 「ではその危機感を持つ為にはどうしたら良いと思いますか?」
佐藤 「今、一番必要なのは指導者だと思います。いい指導者がたくさん出てくる事が一番近道だと思います。組織がどうこうではなく、小学校、中学校それぞれに良い指導者が出てくれば良くなっていくと思います。」
リアル 「選手が大学で伸びないと言われる現状については。」
佐藤 「今の日本の組織から考えると、大学バスケットってのは一番大切だと思います。大学バスケットが盛り上がる事によって、その先もつながりますし、高校バスケットも盛り上がると思います。将来、バスケット選手で行くのか、学生で終わるのか、ちょうど考える時期に位置づけされてますよね、大学バスケットってのは。だから、そこが盛り上がれば必ず両方に影響が行きますし。大学バスケットが盛り上がる事によって、能力があるのにバスケット選手を辞めちゃう人は必ず減ると思います。そう言った選手がそのまま上にいってやる事で結果的に全日本とかに入って、そうして日本代表も結果を残せると思うんですよ。」
リアル 「では将来的に指導者の道とか考えてるんですか?」
佐藤 「まあここまで話しておきながら、実は余り指導者になる事には興味がなくて。選手でなくなったらできればバスケットから離れたいなと漠然と思っているんですけど。それぐら選手として一生懸命やりたいと、今はそう思います。」
リアル 「じゃあ、健介君にとって夢とは?」
佐藤 「やるからにはってのはあるんで、バスケットとしての夢はNBAの優勝チームの中心選手になる事です。目標の設定の仕方ってのも慶應大学で学んだんですけど、途中で目標を立ててしまうとそこで終わってしまうので。」
リアル 「その夢の為には、これがら健介君にとって、何が必要になっていくんだろうか。」
佐藤 「これから生き残っていくには、多分ポイントガードでしか生き残っていけないと思うんですけど、ポイントガードとしての経験とシュート力ですかね。あとはアピールする場に自分をおく事ですか。」
リアル 「将来、日本チームをどうしたいとかはありますか?」
佐藤 「”ない”じゃまずいですよねえ(笑)。今まで結構、人の為にやってきたって言う部分があるんですよ。だから、これからはしばらく自分の為にやってみたいなと。自分の為にバスケットをやって結果的にみんなの為になったら最高の形かなと思っているので。まだ日本を背負うとかは。。。余裕がないと言う表現がいいですかね。でもやるからにはオリンピックで優勝。金メダルってのはあります。」
リアル 「同じ世代の選手、田臥君とかと将来一緒にやりたい気持ちとかは?」
佐藤 「本当にいい仲間に恵まれていると思います。共通しているのは、バスケットに取り組む姿勢が素晴らしいって事と、どの代よりも仲が良い事ですかね。そういう事は大事にしていきたいです。良く話すんですよ。俺たち早く生まれすぎたんじゃないかって。バスケットのものさしで言うと、ちょうど僕たちの時代が終わった頃にバスケットの時代の花は開くんじゃないかと。サッカーで言うと(自分たちの代は)ラモス(の時代)なのかなって(笑)。そんな風に思います。僕たちもそれで良いかなと話してるんですよ。Jリーグもそう言った人たちがいたからJリーグはあるわけですし。」
リアル 「昨年度、全日本に選ばれてどうでした?」
佐藤 「実力で選んでもらったとは思ってませんし、良い経験をってことで選ばれたと思っています。選ばれたからではなく選んでもらっても、一生懸命やるって言う気持ちは変わりません。まあとトップの選手の方と一緒にやれた事で何を考えてバスケットをやってるかとかが聞けたのが一番の収穫でした。ポイントガードして節政さんの話とか聞けましたし。」
リアル 「健介君のポイントガードとしての”売り”は何ですか?
佐藤 「僕が評価していただいたのは、対応力とか適応力で、ベンチの支持をすぐにコートで表現できるとか、ベンチが何をしたいかをすぐに感じれるかとかです。そこの部分を大切にして、ゲームを常にコートの外から見てる視野でやっていけたらなと。だから25点を取るとかそう言うポイントガードになる必要なないと思うんですよ。そういう視点で常にプレイできる事と、あとチームが困ったときに、自分で点を入れて試合を繋げられるようになる事です。それが必要だと思います。」
リアル 「理想のPG像ってのは?」
佐藤 「いないです。僕は僕らしさでやっていこうと。」
リアル 「では、最後にバスケットをしている人たちに上達の秘訣をお願いします。」
佐藤 「一つは感謝の気持ちというか、バスケットをできる幸せを早く気付くと言う事。”耳を澄まして良く見る”って言うか、色々な方からバスケットを教わると思うんですよ。その一つ一つってのは間違いはなくて、ただそれを鵜呑みにしちゃうってのはまずいと思うんです。だから聞いたものを一度、自分で噛み砕いて、自分に吸収できるような形のものにして、噛み砕いた結果、吸収できるものは吸収して。それは自分には合わないなあとか。そう言う判断をしっかりして欲しいです。自分のやり方ってのは絶対にあると思うし、やらされるなって事ですね。自分でやるってことです。あとは成長を実感しながらやる事ですか。環境のせいにしないで自分でやるって事です。まあバスケット以外でも言える事だと思うんですけど。」
リアル 「ちなみに将来、自分の子供ができたらバスケットをさせたいですか?」
佐藤 「結婚できるんですかねぇ(笑)。特に自分の子供にやらせたいなってのはないですよ。」
リアル 「ありがとうございました」
佐藤 「ありがとうございました。」

Fin

好きな食べ物は
あなごのすし。
お酒は好きですか
好き。
好きな音楽は
m-flow.。
趣味は
スニーカー集め。パソコン。
好きな女性のタイプは
自分を持っている人。何かに打ち込んでいる人。
好きなテレビ番組は
月曜TBS深夜の「ジョン万次郎」
好きな漫画
キャプテン翼。キン肉マン。
一番の宝物
家族
座右の銘
「バランス」
携帯の着メロ
「take on me」
今一番欲しいもの
新しいパソコン
自分の長所と短所
長所:よく考える所 短所:考えすぎる所
自分を動物にたとえると
猿。
願い事がひとつかなうとしたら
亡くなった親友に会いに行く。
得意な料理は
チャーハン。とん汁
一番中の良い選手は
早稲田大学の藤野選手。
  • バスケDVD注文
  • 撮影業務